ドメイン
沸騰甲子園 !! 試合観戦男旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

号泣!日立一高野球部の躍進

一昨日、日立市民球場まで出向いた母校日立一と水戸商の試合は母校の凄まじい粘りにより延長逆転勝ちという結果をもたらしてくれた。

正直言ってここまでやるとは想定外だった。でも結果的にはやってくれた。
日頃の中山監督と選手たちとの信頼関係、そしてこのチームで甲子園に行きたい!という思いがこのような結果に繋がったのだと思う。

私も逆転勝ち後の校歌斉唱時には嬉しさと感動で涙が止まらなかった。
それぐらい母校野球部を応援しているからこその嬉し涙であるし、悔し涙は流したくなかったので良しとしよう。

今大会2勝をあげることが出来た。
何人かの選手たちには話したが、ここから先はとにかく楽しむこと、それが良い結果を生み出すものと思う。
さらなる躍進と夢の実現に向けて頑張れ母校!

【第97回 全国高等学校野球選手権茨城大会観戦男旅】
*2回戦 (7/10)
@日立市民球場
日立一
000 023 102 04 =12 H12 E2
210 212 000 01 =9 H18 E2
水戸商
[日]鈴木彩 (4) 、片山 (2) 、鈴木彩 (5) ー渡邊
[水]瀧 (5.2/3) 、鈴木 (5.1/3) ー野本
▽三塁打:渡邊[日]
スポンサーサイト
00:35 | 試合観戦男旅 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レポート!2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会2回戦

だいぶ日にちが経ってからのアップデートでごめんなさい。

長男と次男を連れて茨城までやって来た高校野球観戦親子旅の2日目。
長男の「どうしても常総の試合が観たい」という希望を果たすべくひたちなか市民球場へ。

【2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会 ひたちなか市民】
■第3日[9/29(日)]
*2回戦
常総学院5x-4科技日立

■みなりん寸評


本日のカード

夏の茨城代表校で今大会は地区予選免除の第1シード常総学院にとっては新チーム初の公式戦を観戦する機会に恵まれた。

先発した常総学院右サイドハンドのエース秋葉君は球威こそないが、丁寧にコーナーに投げ分けるピッチング。自分の立ち位置をわかっているようにも見える。
打線も初回から単打で繋ぎ2点先制、4回も初回同様、単打で繋ぎ2点追加で4-0と試合を優位に進める。

対する科技日立は初回からランナーを出すも、足を絡めるわけでも、犠打を絡めるわけでもなく拙攻続き。6回まで併殺打が4つと実にもったいない試合運び。
はっきり言って強豪校に挑む試合運びではない。
7回にようやく盗塁を仕掛けるもタッチアウト。
チームとしてのまとまりがある科技日立だけに本当にもったいない。

常総はエース秋葉君がら4回投げ切ったところで降板。
5回からは控え投手陣の右オーバーハンドの赤司君、左スリークォーター菅野君、右オーバーハンド坂本君と小刻みな継投で戦力を確認しているように見受けられた。
つまりはそれだけ戦力が充実していることの証明。
公立校などからしてみれば羨ましい限りといえるだろう。

8回表に粘りが伝統で終盤に試合を面白くする科技日立のお得意芸がようやく発揮された。連打でチャンス拡大し、常総の坂本君、そしてファーストを守る左の石井君まで登板させ、一気に4得点で追いつき試合を振り出しに。
が、ここでも犠打など絡めることなく、ヒッティング一本やりの試合運びには違和感が残った。

9回表の常総のマウンドには6番手で右サイドハンド高畑君が登板。球威もあり、科技日立打線を三者凡退で封じ、9回ウラのサヨナラ勝ち。

科技日立エース右腕の山名君は気迫十分のピッチングで9回まで粘投披露するも、最後は力尽きた。
キレのあるストレートは魅力的だが、変化球とのコンビネーションで試合を組み立てるピッチングが出来るようになると、来春以降、楽しみなピッチャーになると思えた。

苦しみながら初戦突破した常総はあえて調整含みの試合展開を試しているようだった。
試合序盤から科技日立の攻撃に工夫が見えるとまた違った試合展開になったようにも思えた。
この点は残念であった。


試合終了の両校挨拶


球場外に掲示されている試合速報
23:50 | 試合観戦男旅 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レポート!2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会1回戦

長男と次男を連れていざ茨城へ!
高校野球観戦親子旅!!

【2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会 ひたちなか市民】
■第2日[9/28(土)]
*1回戦
水戸商3-2日立一

■みなりん寸評


本日のカード

母校新チームの実力は旧チームと比較してかなり厳しいものがあると見ていた。
私も初めて観戦に出向いたが、シートノックを見た限り、水商との差は歴然としていた。

初回ウラに先制された時にははっきり言ってコールド負けの覚悟さえした。

しかし、ランナーを出しつつも試合を作る2年生エース右腕の清水君。久しぶりに見た彼のマウンドさばきはエースのオーラが出ていた。

そして外野には飛ばないヒットでランナーを出せば足を絡めて水商を揺さぶる日立一伝統の機動力野球で徐々にグラウンドを支配し出していく。
まさに足にスランプ無しである。

6回表に私の高校時代の同級生の息子5番キャッチャー渡邉君がなんと同点ツーベースを放ち試合を振り出しに戻した。
私も大喜び。
これだから高校野球はわからないのだ。

結果的には8回ウラ先頭打者へのスリーベースヒットとワイルドピッチで勝ち越された1点が決勝点となり、残念ながらベスト16進出はならなかったが、今のチーム力を考えれば県大会3回戦レベルで戦えるだけの及第点はあげてもよいと思えた。

試合終了後に、チームのみんなの前で話す機会もいただいたが、彼らの私を見る「眼力の凄み」に、彼らは勝つことに飢えている、伸びしろがあると確信できた。


中山監督の話を真剣に聞く日立一野球部員たち

そろそろ晩秋に向けて、チームの組織論、それぞれの役割について開催する一高一会セミナーの準備に取り掛かりたいと思う。

ともに頑張ろう!


これがもっと盛り上がれるとさらにベンチワークが良くなる
20:22 | 試合観戦男旅 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レポート!2013夏の高校野球観戦男旅 甲子園編第9日

甲子園観戦2日目。


この対戦カードにデカデカと校名が載るのが誇らしい。

【2013夏の高校野球観戦男旅 甲子園編 】
■第9日[8/16(金)]
弘前学院聖愛4-3沖縄尚学
木更津総合3-1西脇工
前橋育英1-0樟南

■みなりん寸評
「沸騰甲子園ファンページ」と「Twitter みなりんの沸騰甲子園mini」でアップした寸評を紹介したい。

【夏の甲子園第9日2回戦①】弘前学院聖愛4-3沖縄尚学。聖愛強かったな。走塁ミスで2点ぐらい損してるところもあったが、徹底したチーム力の高さには感心した。 #kokoyakyu #koshien

【夏の甲子園第9日2回戦②】木更津総合3-1西脇工。球場全体が西脇工のホームグラウンドと化していた。木総は初回、急遽登板した左腕笈川君のナイスピッチングが光った。西脇工はまた次目指して頑張って欲しい。 #kokoyakyu #koshien

【夏の甲子園第9日2回戦③】前橋育英1-0樟南。両校持ち味十分に発揮し合った好ゲームであた。前橋育英のエース高橋光君は2試合連続1-0での完封シャットアウト。 #kokoyakyu #koshien


聖愛の1塁コーチャーの2塁ランナーへの指示が素晴らしかった。3塁コーチャーも同様。


聖愛試合後のスタンドへの挨拶、まず一礼はグラウンドへ。


続いてバックネット裏へ。


最後に応援スタンドへ。


健闘も敗退した西脇工へスタンドからは惜しみない拍手。

前日に続き、3試合ともにロースコアで最後まで目を離せない試合展開ばかり。弘前学院聖愛(青森)の試合運びは初出場とは思えぬばかりか、試合中のコーチャーのジェスチャー絡めたランナーへの指示方法など、ベンチ全員で戦っている空気には感心しっぱなしであった。そして試合後の挨拶なども観ていて美しかった。

第2試合の地元西脇工(兵庫)へのスタンド全体で応援する雰囲気はそれは凄かった。こういう学校の登場が甲子園を面白くさせてくれる。

第3試合は投手戦。
互いに持ち味を十分出し合った好ゲームであったが、打力をウリにしたチームが多いご時世だけに、こういうロースコアの試合は新鮮かつ、緊張感が生まれる。

そんなわけで、2日間7試合観戦の今年の「高校野球観戦男旅 甲子園編」は終了。

試合後は初めて「甲子園歴史館」訪問。
バックスクリーンからグラウンド全体を見渡し感動、素晴らしい42歳のバースデーとなった。


また会おう、ありがとう甲子園!
23:50 | 試合観戦男旅 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レポート!2013夏の高校野球観戦男旅 甲子園編第8日

1年ぶりの聖地へ。
日々の辛いこともキツイことも流してくれる甲子園…


このアングルが好きだ。


かちわり!

【2013夏の高校野球観戦男旅 甲子園編 】
■第8日[8/15(木)]
福井商2-1聖光学院
作新学院4-0熊本工
常総学院4-1仙台育英
鳴門6x-5修徳(10回)

■みなりん寸評
「沸騰甲子園ファンページ」と「Twitter みなりんの沸騰甲子園mini」でアップした寸評を紹介したい。

【夏の甲子園第8日2回戦①】福井商2-1聖光学院。うーん、聖光あっさり負けてしまったな。いかにも福商らしい勝ち方だったな。 #kokoyakyu #koshien

【夏の甲子園第8日2回戦②】作新学院4-0熊本工。作新スキなし快勝!熊工は守備などで緩慢なプレイが多く見られたのが残念。やらされている野球なんだろうか… #kokoyakyu #koshien

【夏の甲子園第8日2回戦③】常総学院4-1仙台育英。6回までパーフェクトピッチングを展開していた育英エース鈴木君からの初ヒットでワンチャンスをモノにした。茨城県勢の夏2勝は優勝した2003年夏の常総以来10年ぶり。 #kokoyakyu #koshien

【夏の甲子園第8日2回戦④】鳴門6x-5修徳(10回)。両校持ち味を十分に出した素晴らしい試合であった。4季連続で甲子園慣れしている鳴門がグラウンドを支配していた感はある。 #kokoyakyu #koshien


聖光学院に勝利し、スタンドへ挨拶する福井商。ダラダラだけど…(笑)


作新学院校歌斉唱


仙台育英スタンド応援の鉄板!


鳴門サヨナラ勝ち!

4試合ともに大味なスコアではなかったため見応えがあった。印象的だったのは第4試合の鳴門の打線。こんなに打てたっけ?と驚く程、各打者バットがよーく振れていた。
21:50 | 試合観戦男旅 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。