ドメイン
沸騰甲子園 !! ラグビー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

花園!高校ラグビーから思う

熱戦が繰り広げられている第95回全国高校ラグビー大会。

ワールドカップでの日本代表の活躍もあってか、注目度が高くなっているのは事実だろう。
今まさに高校ラグビーでプレイしている選手たちが次のワールドカップの主力となれるよう頑張ってほしい。

それにしてもYahoo!のニュースに上がってくる高校ラグビーの記事の見出しに多いのは「五郎丸」、「五郎丸」、「五郎丸」……(笑)
ライターももう少し頭使って、記事を書いてほしい。中身の薄っぺらな記事ばかりで残念になることしばしば。

プレースキック前の五郎丸選手のルーティンの儀式を真似る選手も多いらしいね。
選手は自分なりのルーティンと身体を張ったプレイでアピールしてほしい。

それにしても、高校ラグビーほど、地域格差が結果に結びついてしまうのはなんとかして欲しい。

前々からの自論ではあるが、島根と鳥取は2県で1校、佐賀も福岡と一緒にして2県で2校、高知と香川あたりも再考すべきだと思う。

判官贔屓の見方かもしれないが、30年連続54回目出場の大分舞鶴や、34年連続44回目出場の佐賀工など、ラグビーに力を入れている学校ほど花園常連校として地区では無敵の状態となっていて、やや面白味にかけてしまう。

一方で、福岡のように王者東福岡に挑み続ける公立校は毎年のように決勝で敗れてしまう。しかし、福岡決勝で敗退する各校はおそらく全国に出場してもベスト8~16ぐらいまで勝ち上がれる実力を持ち備えていると私はみている。
案の定、今大会は記念大会の恩恵で九州地区の代表の座を得た筑紫(九州・福岡)は初戦、接戦で勝利をモノにすることが出来た。
こういう結果をただの大会結果でスルーするのではなく、「福岡県のレベルが高く、2校代表復活」を検討するヒントにして欲しい。

福岡に肩入れしているのではなく、日本全体でラグビーの実力を底上げしていくためのひとつのやり方として、代表校の選出方から地域格差を無くすこともひとつの施策のように思うのだ。

誤解ないよう言い訳しておくと、北海道、東京、大阪以外の1県1校が基本の現在の代表選出方法が決してダメと言う訳ではない。レベルの高い地区ならばむしろ2校に増枠してもよいと思っているぐらいだ。



スポンサーサイト
19:48 | ラグビー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

残念!高校ラグビー準決勝

今夜も高校ラグビーネタ。
本日1/5行われた第92回全国高校ラグビー大会準決勝の結果は以下の通り。

■準決勝
常翔学園(大阪第1)57-0国学院久我山(東京第1)
御所実(奈良)48-17茗渓学園(茨城)31

■決勝組み合わせ
常翔学園(大阪第1)ー御所実(奈良)

関西vs関東となった準決勝2試合はともに関西勢の圧勝に終わった。

優勝4回の常翔学園と優勝5回の久我山の名門校対決の一戦は常翔学園が9トライと完膚無きまでに得点を重ね、久我山の攻撃を封じるというワンサイドゲームとなった。

期待していた地元茨城の茗渓も序盤の御所実の勢いを止めることができず、逆に茗渓の連続攻撃は封じられ、意外な大差となった。
残念!
しかし茗渓は惜しくも決勝進出を果たせなかったものの、今大会の勝ち上がりは健在ぶりをアピールできたと思う。

1/7の決勝は大阪工大高から校名変更してからは初の決勝進出となった常翔学園と4年ぶりの決勝進出で初優勝を狙う御所実という大阪vs奈良の隣県関西対決となった。

個人的には御所実を応援している。
御所実が優勝となると公立校の優勝は2005年の伏見工(京都)以来、7年ぶりとなる。

好ゲームを期待したい。
23:44 | ラグビー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

あっぱれ!高校ラグビー準々決勝

今夜は高校ラグビーネタを。
昨日1/3行われた第92回全国高校ラグビー大会準々決勝の結果は以下の通り。

■準々決勝
国学院久我山(東京第1)29-12石見智翠館(島根)
茗渓学園(茨城)31-24東福岡(福岡)
常翔学園(大阪第1)27-26伏見工(京都)
御所実(奈良)17-12秋田工(秋田)

■準決勝組み合わせ
国学院久我山(東京第1)ー常翔学園(大阪第1)
御所実(奈良)ー茗渓学園(茨城)

目下大会3連覇中であった王者・東福岡を破ったのは我が地元茨城の茗渓学園。
前半、東福岡に大量リードされながらも、後半キッチリと軌道修正しての逆転勝ちは茗渓らしさが存分に発揮された結果といえる。

ご存知の方もいるだろうが、茗渓学園は野球部がない中高一貫の進学校である。
高校から入学してくる生徒もいるが、スポーツ推薦などはなく、普通に勉強して、普通に入試を受け、普通に合格し、普通に入学してくる。

この「普通に」というのは今のご時世なかなか出来るようで出来ないといえよう。

私学は学校経営を左右する安定的な生徒確保のために、スポーツであったり、学業であったり、学校としてのウリを前面に出した生徒集めが必要となる。これは当然のこと。
よって、高校野球しかり、高校ラグビー、高校サッカーなどなど、私学優勢の勢力分布図もこれまた当然のこと。

でも、どんなスポーツであれ、高校の部活であるという定義を忘れてはならないと思う。

今大会の茗渓学園のベスト4入りは私の記憶が定かであれば、おそらく昭和天皇崩御で決勝戦が中止となり、大阪工大高(現・常翔学園)と両校優勝で幕を閉じた1989年の第68回大会以来のはずだ。

いずれにしても地元・茨城では茗渓の躍進でにわかにざわめき出している。
準決勝も楽しみだ。
22:23 | ラグビー | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。