ドメイン
沸騰甲子園 !! 2005年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

プロ野球再編?問題に思う

タイガースとマリーンズのあつ~い日本シリーズが繰り広げられるなか、私が密かに興味大なのが「プロ野球再編問題」です。

私の愛するベイスターズも楽天がTBS株をガバッと買い占めたことに伴い、球団売却説が飛び交ってます。

やはり楽天の三木谷オーナーは只者ではありませんね。
ここからは私見になるのですが、実はこのへんの出来事は楽天が球団経営となった時点、つまり始めからこうすることがわかっていたことなのではないかということです。

おかしいと思いませんか?
三木谷氏の背後に見え隠れするナベツネ。

ナベツネ:「三木谷君、ワシはあのホリエモンという奴は気にくわん。きみが楽天球団として、球界に参入したまえ!わしが後押ししよう。そのかわり、ゆくゆくは1リーグ10球団制を敷くために、きみがリーダーシップを発揮してほしい」

なんて言葉を発したかどうかはわかりませんが、私にはそのような戦略が潜んでいる気がしてならないのです。

その理由が2つあります。
①楽天新監督、野村克也氏
②ヤクルト監督に古田敦也氏

楽天はゆくゆくはそれこそベイスターズあたりと合併。
ノムさんはその時点までの監督。
だって、おかしいでしょう、楽天はこれからの球団なのに、世間一般ではお爺さんですよ、70歳って。
若者が活躍しているIT業界、ましてやIT企業の経営者としては球団監督の人選として、高齢者を抜擢するのはあまりにもヘンですよ。
たしかにノムさんの秀でた野球理論は球界の財産に匹敵するほどのものだと私は思うのですが、どう考えたって、他にも楽天監督の候補者はいますよ。

そして、ヤクルト古田の監督就任。
選手兼務ではありますが、なぜゆえに、本人の意思と反して球団は監督要請したのか?

これも憶測に過ぎないのですが、古田監督になれば、「選手会会長」などは努めることはできないと思うのです。
では、選手会会長の後任として誰がふさわしく、かつ球界の再編問題等と立ち向かえるだけのリーダーシップを発揮できるのか??
現段階では古田以外の人材は私には浮かびません。
だから、彼を監督にすることで、一気に1リーグ10球団制を加速させようとしているのではないかということを感じます。

ちなみにご存知の方も多いと思いますが、三木谷氏が楽天球団を発足する際、なぜ近鉄のホームでもある大阪を選ばなかったのか?
これにはオリックスの宮内氏が「俺の庭(大阪)を荒らす気か!!」と激怒したとかいう話もありました。

となると、1リーグ制をウラで操っているのは、
ナベツネ、三木谷、宮内
この3人なのではないかと私は思っている次第です。

かりにベイスターズが
「USENベイスターズ」とか「六本木ヒルズ」なんて名前になってもやむなしの時代になっているのかもしれません。ただ、メジャーリーグでは球団オーナーが変わるのは、よくあることと聞きます。日本球界にもようやくその流れが入ってきたと冷静に受け止めるべきなのかもしれません。
ただし、だからこそ、フランチャイズ制強化は必須なんだと思います。
地域色をより強くして、地元に愛される球団作り・・・
今後の大きな課題だと思います。

みなさんはどう思われますか?

(今回は非常に私見で書いた部分も多い点、ご容赦ください!)

スポンサーサイト
17:40 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

やっぱりパ・リーグはおもしろい!

パ・リーグプレーオフ第2ステージ。
千葉ロッテが31年振りのリーグ優勝に王手をかけた第3戦。
熱くなりました~(汗)

地上波ではまったくどのチャンネルも野球中継など放送しておらず、どのチャンネルもつまらない低俗番組ばかり。
「なんでこんな大事な試合を放送しないんだ!」と野球好きの私以上に怒っていた妻・・・

そんなときはラジオに限るというわけですが、さすがはニッポン放送!!
「ショーアップナイタースペシャル!」

千葉ロッテ4-0でリードした9回ウラにドラマが待ってました。
当然のごとく千葉ロッテは守護神小林雅英。
浮き足だったのでしょうか(彼は不安定なんですよねえ)、ソフトバンクの意地でしょうか、まさかの4得点で同点!

この回、私が興味深かったのが、このシリーズでも不振でノーヒットのソフトバンク松中。1塁が空いていることもあり、敬遠をされたのですが、スタンドのファンは大ブーイング。トイレットペーパーのロールは投げられる事態に対し、彼は「やめろ!」とスタンドに制したのです。
彼は去年に続きノーヒット。にもかかわらず敬遠、そして彼の一打を期待したファン。今日の見所は私にはここでしたね。

福岡のファンはどんなに不振であっても彼を応援し続けるのです。
だから、松中よ!自分ひとりでなんとかしようなんて思って力まず、自然体で次のバディスタにつなげればいいのだよ!

それにしても素晴らしい試合をありがとう!
まったく持って放送しないテレビ局よ・・・ノーコメント(笑)

でも私、千葉ロッテに少し優勝期待しちゃってます。(笑)


22:19 | プロ野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

北海道ベスト4出揃う!

全道大会も4強が出揃っていよいよ大詰め!
舞台は全道の球児たちの憧れ?札幌円山です。

第1試合:北海道栄vs釧路江南
第2試合:旭川実vs駒大苫小牧

第1試合はともに打線好調の両チーム。
コンスタントに上位進出を果たしている北海道栄と根釧地区の雄、4強唯一の公立校、釧路江南。
ともに甲子園出場経験もあり、(北海道栄は北海道日大時代)
伝統校といった感ですね。カギは投手陣かな。

第2試合は夏の覇者、駒苫が登場。
室蘭地区予選決勝での波乱を予感していた私ですが、波乱もなく(残念!)順当に勝ち上がってきました。
でもやっぱりここは強いですね、勝ち方を知っているチームなのでしょう。
相対するは北北海道代表校として甲子園で旋風を巻き起こす旭川実。
ここもタダでは転ばないというか、簡単には負けません。
駒苫はここが警戒だなあ・・・

というわけで北海道への注目ご意見等、お待ちしてます!
12:27 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

秋季大会展望~埼玉編~

先日、といってもだいぶ経つのですが、コメントをいただいたカシュオさんよりリクエストのあった埼玉をネタにした特集!ということで、私見による埼玉の勢力図式をまとめたいと思います。
いきなりですが、まずは定番になりつつある相撲番付風分析

横綱:浦和学院、春日部共栄
大関:聖望学園、花咲徳栄
関脇:埼玉栄、所沢商、鷲宮、浦和実
小結:坂戸西、春日部東、本庄一、大宮東

以上のような図式でしょうか?
はっきりいって近年、浦学、春日部共栄、聖望、花咲徳栄、埼玉栄の私学5強の強さは抜きん出てますよね。
浦学が台頭するまでの埼玉というのははっきりいって公立全盛の県でしたよね。
上尾、所沢商、熊谷商、大宮工など甲子園出場校は公立のみでした。
85年のセンバツの秀明、夏の立教が私学初出場であったと思います。

それ以降も浦和市立、川越商、大宮東、伊奈学園総合、越谷西、鷲宮、滑川など公立校の代表もありましたが、ここ数年は前述の私学5強の牙城を崩すのは容易ではないと思います。
とはいえ公立校ながらコンスタントに上位進出を果たしている所沢商、鷲宮、春日部東あたりにチーム作りは今後も期待したいものですねえ。

ところで埼玉で野球で伝統校に松山があります。
全国出場はこれまで一度もないのですが、応援が非常にかっこいいと県内では評判でもあります。
先日、前の職場時代の後輩の結婚式の2次会に招かれました。彼は松山高校野球部出身なのですが、出し物で応援団出身者の余興がありまして、これがなかなか素晴らしいパフォーマンスで、忘れかけていた野球応援の良さを思い出した次第です。

埼玉の注目校情報がありましたら、ぜひお教えください!


14:21 | 高校野球 | comments (5) | trackbacks (1) | edit | page top↑

ハワイで見かけた野球姿は・・・

先週いっぱい夏休みを取りまして、家族でハワイなんぞへ行っておりました。
もちろん、ハワイのハイスクールベースボール事情調査が目的!?です。(笑)
なんて、思いつつ、実際行ってみたハワイで野球の格好をした人は・・・
一人だけ見かけました。

セブンイレブン駐車場で見た人はどう見ても野球のユニフォーム姿。
草野球の人がよく上はアンダーシャツ、下はユニフォームのパンツ、ソックスにサンダルといった格好。でもその人だけでしたねえ。

ハイスクールやカレッジ横を何度か通ったのですが、グラウンドを見るとそこではアメフトの練習姿ばかり。
さすがフットボールの本場といったところですかねえ。

ハワイに限定せず、アメリカはベースボール全盛のお国柄ですが、日本のように、高校野球で熱くなっている文化とは異なるんでしょうね。

どなたか海外の高校野球事情、ネタなどご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひお教えください!

13:59 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。