ドメイン
沸騰甲子園 !! 2006年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

センバツベスト8出揃う!!

2日ほど更新が滞っている間にベスト8が出揃ってしまいました!
センバツは日程が早いですね。(笑)

【準決勝組み合わせ】
神港学園-岐阜城北
横浜-早稲田実
日本文理-清峰
PL学園-秋田商


これまでを振り返ると、2回戦で敗退したもののやはり八重山商工の活躍振りは注目でした。
全国でも通用する非常にいいチームだと思います。
でも夏も甲子園となると、夏までのチームとしての「伸びしろ」が疑問です。離島でのハンディがここで大きく左右すると思いますので、ここはひとつ春の九州大会での「優勝」を目標にチーム力UPを目指してほしいです。
しかし、県内でも中部商、興南、浦添商、沖縄尚学、沖縄水産と強豪が目白押しです。がんばりを期待しながら、私なりに追いかけていこうと思ってます。

それにしても、清峰の強さはやはり本物でしょう。
これは「清峰旋風」という言葉ではありません。
一気に強豪校入りした感が強いのは私だけでしょうか?

正直、岐阜城北は私のなかで「伏兵」でした。
東海地区優勝はフロックではなかったのですね、失礼しました。

日本文理のベスト8入りも意外ではありますが、ピッチャーがいいですからね、本当に。
侮ってはいけませんよ!

というわけで、明日からまた目が離せません!
スポンサーサイト
20:10 | 高校野球 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ラグビーの試合?

PL学園9-1真岡工
愛知啓成4-3金沢桜丘
今治北12-9延岡学園


第3試合、ビックイニングでの点の取り合いには驚きました。
高校野球って本当に「流れ、勢い」が得点、勝敗を左右するということの証しですね。

真岡工はやはりPLに力負けでしたね。
しかしながら学ぶべき点も多かったのでは?

金沢桜丘は最終回の守りで勝ち急いだのでしょうか?
応援していただけに残念でした。

【6日目のカード】
秋田商-東海大菅生
神港学園-成田
智弁和歌山-岐阜城北


大会も6日目をむかえ、全出場校がひと通り出揃ったことになります。
第2試合からはベスト8を賭けての激突です。
10:09 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新潟県勢センバツ初勝利おめでとう!

日本文理4-3高崎商
清峰11-2岡山東商
東海大相模4-1京都外大西


第1試合で、新潟・日本文理が新潟県勢7度目のセンバツで今回、待望の初勝利!本当におめでとうございます。
正直、日本文理は夏も何度か甲子園出場している試合を何度か見ていますが、何と言いますか・・・、大味なチームというか雑でかつ粗いチームの印象が強かったのです。申し訳ないですが、見ていて勝てる気がぜんぜんなかったのです。今回のセンバツ代表予想でも私は北信越地区準優勝でありながら、負け方があまりにもひどいので、外したぐらいでした。

でも、今回はピッチャーを中心としてきちんとディフェンス力があったうえで活発な打線がウリということでしたが、結局はその投手力が全国でも通じたことが勝ち星に繋がったのでしょうね。

第2試合の清峰には正直、感心しました。この学校の強さは全国レベルでも本物かもしれないです。
昨夏の初出場での「旋風」がここ数年の長崎県高校野球界事情の印象すら大きく変えてしまったほどの風格、迫力を持ち備えてしまい、センバツ優勝経験もある岡山東商といったいどっちが甲子園常連校なのかわからなくなってしまったものです。岡山東商の方が「清峰」という名前に負けてしまいましたね。昨夏からの「勢い」はまだ続いてます。「勢い」って怖いですね。(笑)

第3試合の好カードの軍配は結局、私の密かな予想通り東海大相模に軍配が上がりましたが、京都外大西の昨夏準優勝の立役者、2年生ピッチャー本田君は直球の威力が全くありませんでしたね。
球が軽いというか、いい所にコントロールしていても、東海大相模打線にかるーくミートされていましたもんね。

と、日曜日ということで、いろいろウンチクを述べてしまいました。(笑)
さあ、明日はPLの登場です!

【5日目のカード】
PL学園-真岡工
金沢桜丘-愛知啓成
今治北-延岡学園


21世紀枠での出場校が真岡工、金沢桜丘と続く5日目ですが、両校とも、実力はありますからね!真岡工・西山君、金沢桜丘・太田君、いずれもエースはいいピッチャーですよ。
ただの記念出場校とは思わないでください!(って私は誰に言っているのだ!?)

真岡工・西山君がPL打線をどれだけ抑え込むことができるか?私の注目はその一点です。
00:37 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

古豪早実貫禄勝ち!

関西6-4光星学院
早稲田実7-0北海道栄
北大津2-1旭川実


北海道勢は立て続けに敗退してしまいました。
やはり、駒大苫小牧の存在は大きいのでしょうかねえ~、
どうしても北海道栄や旭川実が小粒に見えてしまいました。

古豪・早稲田実はエース斎藤投手の安定感と6安打で7得点という効率よい打線が光りましたね。

私の好きなタイプという点ですと、第3試合・北大津の横手投げ左腕真田君。
武器は100km前後の球とのことですが、ああいうタイプのピッチャーは、私くすぐられますねー。あの手のピッチャーの大事なのはとにかくコントロールです。

【4日目の注目】
昨夏、甲子園で旋風を巻き起こした長崎・清峰の登場と、東海大相模ー京都外大西の試合は勝ったいずれかが上位進出と目論む私には注目です。

ところで、高校時代の親友の結婚式でスピーチをした私ですが、景気付けに飲んだビールの飲みすぎとほとんど誰も聞いてくれていないような状態で、空回り!?
最後はテニス部時代の同期10名と新郎とで、高校の校歌で締めました。ヤケクソ気味!?
久々の懐かしい友たちとの楽しい再会は11時半から21時半まで続いたのでした。
11:15 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

八重山商工アミーゴ

岐阜城北2-1一関学院
横浜1-0履正社
八重山商工5-2高岡商


「どうしても八重山商工の試合が見たいっ!」と思い、職場から妻に電話し、ビデオ予約をしてもらい、帰宅後じっくり観戦しました。

ピッチャーの大嶺君が先発するのか?いったいどれだけ実力発揮できるのか?も興味強かったのですが、まあ、取るわ取るわの奪三振ショー。
結局毎回の17奪三振ということで、期待以上の実力振りでした。
試合も勢いよく、ヒットを重ね5得点。

相手、高岡商も実力十分だったのですが、一時は逆転!かと思いきやのランナーの3塁踏み忘れによるアピールプレイの成立など残念な点もありました。
個人的には先発堀岡君からエース細川君への継投がポイントでもあったかと思うのですが、やはり「1」を付けているエースに先発として、試合の組み立ては任せてあげてほしかったのが、本音です。

八重山商工の大嶺君もおごることなく、2回戦もひたむきに投げれば、横浜にも・・・
そんな期待も持てる見ていて気持ちの良いスケールの大きなピッチャーでした。

先日、NHK「にんげんドキュメント」で八商工ナインを見ていただけに、思い入れもやや強い部分は正直あったのですが、実際、甲子園の試合を見ると、みんな「こんなに表情豊かだったの?」と思うぐらい、ナインも自然な笑顔や声出しなど表情豊かで、甲子園って一人の高校生を成長させてくれる場なんだろうなあと改めて感じました。
以前、常総学院の木内監督が「甲子園に来るとみんなイイ子になるんで、教育の場所として最高なんだ」と言うようなことを茨城弁丸出しでコメントしておりましたが、今日の試合を見たことで、意味がよーくわかりました。

【3日目の注目】
やはり古豪・早稲田実の試合です!
エース斎藤君は「キレ」の良い速球が武器とか。

今日もこれから、高校時代の親友の結婚式で(しかもスピーチ付き!)外出してしまうため、またビデオに録画しようかなあ・・・

駒大苫小牧不在のなかでの北海道2校も登場します!
北海道栄、旭川実の実力はどんなものか??
09:06 | 高校野球 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。