ドメイン
沸騰甲子園 !! 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

にっぽんの高校野球 関東編Ⅰ 茨城・千葉

にっぽんの高校野球 千葉茨城

ベースボールマガジン社発行のムック本で「にっぽんの高校野球【地域限定エディション】」をご存知でしょうか?
昨年秋に発行されて以来、今回シリーズ8作目。
特集記事と甲子園で活躍した選手たちの写真入り紹介(たまに別人もいたり間違いもありますが・・・)や、その地域の高校野球の歴史も掘り下げられていて、私のお気に入りです。

そして私の一番のお気に入りは巻末にある「夏の選手権地方大会 歴代全参加校別パーフェクト星取表」
通算成績とスコアも掲載されており、私のようなディープなネタを仕入れたい方には最高のデータベースです。【地域限定エディション】ならではですし、やはりこれだけのノウハウを持っているベースボールマガジン社は凄い!
そういうデータはおそらく、夏の大会のみならず、当然春や秋の大会などもあるのでしょうから、
データ集の冊子として発売すれば、私のようなファンは購入すると思います。

今号は我が地元、千葉と茨城。つまりは「ちばらぎ県」編です!
茨城に関して言いますと、「木内野球」の特集が掲載されており、改めて現常総学院の木内監督の偉大さを確認できました。
それこそ、私がまだ小学生で高校野球に興味を持ち出した当時、木内監督は取手二の監督で甲子園に出場してもまだまだ勝ち上がれない頃でした。
茨城の夏の代表校というと1980年~83年まで4年連続初戦敗退でしたし、全国レベル以下で、私も恥ずかしかった記憶があります。
しかしながらその後は1984年の取手二の全国制覇を皮切りに通算春夏3回の全国制覇、2回の準優勝という実績を残し、茨城の高校野球のレベルを上げた一番の功労者です。
そして喜寿を過ぎた今でも監督としてユニフォームを着ているというパワフルさには勇気付けられます。

本を読みながら、茨城が少し全国でも通用する県になったことをちょっぴり誇りに思えました。
スポンサーサイト
22:59 | 高校野球 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

元若ノ鵬

今日は本当にどうでも良いネタです。

元若ノ鵬。
彼はいったい何なんですか!
というか、彼をエサにビジネスにしようとしている黒幕のような存在がいっぱいいるんでしょうね。

はっきり申し上げて彼はこのまま日本にいても利用されるだけ利用されて食い物にされるのがオチです。

このままではあまりにも可哀想です。
いつまでも相撲界に戻りたいなんて希望は捨てて、母校ロシアで第二の人生をリスタートするべきではないでしょうか?

相撲界もいろんなことあると思います。「相撲=興行」ですからね。
もうそろそろこの話題は終焉としても良いと思うのは私だけでしょうか?
23:58 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アスリートへの道は険し!?

すっかり寒くなった会社から自宅への帰り道です。
先日、まるで喜劇のような50人ゴボウ抜かれ「駅伝フェスティバル」出場以来、すっかり自宅付近でのランニングもサボり気味…
というか全く走っておりませぬ。
やっぱり走るの苦手っす!
今の時期にしっかりと体を作らねばプレイに悪影響をもたらすばかりなのに。

ならば!
しっかりとした原稿を日々作り、みなりん記事ファンを増やすべくブログと「THE(地)高校野球」の更新に力を注ぐ所存です。

そんなわけでアスリートとアスリート予備軍に贈る役立ちサイト「アスリートマジック」内、「THE(地)高校野球」第3回は神奈川編。
元神奈川球児のプロデューサーの熱いアドバイスのもと、本日アップしました。現在、神奈川在住のみなりん渾身の記事をお楽しみください。携帯から見てくださいね!
http://www.athletemagic.com
23:46 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

センバツ21世紀枠出場候補校

各県推薦の21世紀枠出場候補校が続々と出揃っています。
各県推薦校の顔触れをチェックしていると、今秋の結果で選ばれている学校もあれば、伝統校、しばらく甲子園から遠ざかっている古豪、近年、地区で安定した結果を残している学校など様々です。

過去の21世紀枠出場校は全て公立校ということもあり、どちらかというと公立校の救済にも受け止められる制度ですが、選ばれた学校は日々の活動を認められての出場となるわけですから、堂々と戦っていただきたいものです。

個人的に選ばれてほしい学校を上げると利府(宮城)、水戸桜ノ牧(茨城)、彦根東(滋賀)、呉宮原(広島)、大分上野丘(大分)、川内(鹿児島)、浦添工(沖縄)あたりです。

いずれも今秋の地区予選を勝ち上がって地方大会まで進んだ学校。それなりの結果も期待できるはずです。

センバツだからこそのこの制度はどんな学校が選ばれるかとあれやこれやと考える高校野球ファンにとっての楽しみのひとつでもありますよね。
23:08 | 高校野球 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

さらば友よ…

私の日立一高時代の友人の名はたけはる。
今日で彼とは永遠の別れとなってしまいました。

「またそっちで野球の話いっぱいしような!」と語りかけながら手を合わせました。
しかし私、慌てて追加しました。「でもまだそっちには行けないからな。見守っていてくれよな(笑)」と。

彼のファイターズをはじめ野球への深い想い、愛情。
野球で繋がっていた友人関係だからこそ、私は彼の分まで野球と向き合って野球について書いて生きていこうと改めて決意しました。

さらばたけはる。お前が愛したファイターズを俺は野球ファンとして見守っているからな。
ありがとう。

合掌
21:19 | 雑記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。