ドメイン
沸騰甲子園 !! 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

人生は挑戦

今日で1月も終わり。
明日から2月ということで、日本のプロ野球もいよいよキャンプイン!
まさに球春到来ですね。

これから連日報道されるキャンプレポート、そして今年は3月のWBC開催と、プロ野球ファンのみならず、国民が野球に注目する年になります。
楽しみ満載です。

ところで、先日、桑田真澄氏が早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に合格しましたね。
「野球界への恩返しがしたい」という気持ちで目指す彼、私はすごく嬉しかったですね。
実は私もスポーツを学術的に学びたいと思い、同校の受験を考えたこともあったのです。

現役時代から感じていたのですが、彼の生き様、意志の強さを尊敬できる部分がありました。
何事にも一生懸命取り組む彼の生き方に、私は37歳になった今になって自分自身に置き換えて受け止めてます。
「人生は挑戦」素晴らしいことです。

そして明日からはお知らせしたとおり、「みなりんの思い入れのある公立校」を連載したいと思います。
お楽しみに!!
スポンサーサイト
23:55 | プロ野球 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブログテーマ進捗報告

当ブログでの連載テーマ募集、数名の方から応募いただきました。ありがとうございます。
まだまだ募集受付中ですが、さっそく第1弾のテーマ決めました。

テーマはジャーン!
「みなりんの思い入れある公立校」とします。
ヒントをくれたwildthing10さん、ありがとうございました。

どういう展開方とするかはこれからツメますが、まずはご報告まで。
21:35 | 高校野球 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ベイスターズバブル

「週刊ベースボール」
野球好きの方なら大切な情報源として欠かすことのできない雑誌ですよね。

高校の同級生で野球関連の仕事に携わっているH君が職場で不要になったらしい週刊ベースボールを送ろうか?と言ってくれたので、ならば1998年ベイスターズ優勝の1年を懐かしんでみようとリクエストしてみましたところ、自宅に本日届いたようです。

私のなかではこの当時のベイスターズはいわば「ベイスターズバブル」と名付けているベイスターズの絶頂期。

1997~2001年まで2位、優勝、3位、3位、3位と5年連続でAクラスをキープしたことは賞賛できます。というか、冷静なファンとしては「これはヘンなんだよ。おかしいもん!」と思う、なんだか違和感の拭えない5年間でした。

2002~2008年は6位、6位、6位、3位、6位、4位、6位と7年間で4回もの最下位という凄まじさ、恐ろしさ…
でもこれが真の姿かも!?と思い、ストレスは溜まりつつも居心地の良さを感じます。なんじゃそれ!

そんな近年の低迷振りを忘れるべく、週刊ベースボールでベイスターズバブルを思い返し、今シーズンの飛躍を期待することとします。
20:04 | プロ野球 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブログテーマ大募集!

実は…
今年に入ってから私、当ブログを毎日更新しています。まあ、アップが遅れて日付が変わってしまったりもありますが、そのへんはお許しの程を。
ブログのこまめな更新って、ブロガーたる者、本来あるべき姿なのかも知れませんが、当ブログスタート4年目で初のこと。どこまで続けられるかわかりませんが、いけるところまで続けて更新したいと思ってます。

さて、センバツ出場校も決まったので、出場校紹介とか連載しようかなあとか、センバツ出場校が決まった今こそ、あえてセンバツを吹っ飛ばして、春季大会展望を連載しようかとか模索してます。

せっかくならば連載的に展開する方が楽しんでいただけるかなと思いますが、2月以降の連載テーマ大募集しちゃいます!
「こんなテーマでやったら?」とか、「この県の高校野球を検証して!」とかリクエストお待ちしております。
ぜひ御意見いただければ幸いです。

え?リクエストなかったらどうするかって?
その場合はその場合で考えますよ(笑)
22:22 | 雑記 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

いい1日でした

代休明けの本日朝は、ブルーになりましたが、出社してしまえば、ブルーになってはいられません。

今日は仕事の合間に時間が作れたので先日の「日立一同窓会飲み会」に参加された諸先輩方と同級生に御礼のメールをしました。

何人の方からはご丁寧にご返信をいただき、異口同音にして「みなりん君、次回幹事よろしくね」とのお言葉が…
もちろん頑張りますよ~。

その中で甲子園にも出場したN先輩から印象的なメールをいただきましたので引用させていただきます。

(以下引用)
私がやっている草野球チームが「アークカップ」という大会で優勝しました。その様子がアークカップのHPに載ってますので見てみてください。
この大会は甲子園経験者、社会人経験者等もでている大会で、すごい選手がいっぱいいます。
一昨年は運よく準優勝でしたがその時の相手のピッチャーは軟式野球なのに142km/hの剛球を投げていました。
昨年はまたまた運よく優勝しましたが・・・。
まだまだ、全国の高校球児出身者たちは頑張っています。
この草野球の魅力は・・・
「同じ時間に違うところで、あるいは、違う時間に違うところでそれぞれ同じモノ・コトを目指していた者たちが、偶然か必然か、この東京でめぐりあい、それぞれが育ってきた野球で時間を共有する」
というようなところでしょうか?

(以下みなりん)
かっこいいフレーズですね。
甲子園出場している母校の先輩の言葉だけに素直に感動しました。
私自身は高校時代、野球部に入れなかった者ですが、プレイヤーとして草野球を、そして書き手として野球観戦を今以上に取り組み、より良い人生にしたいと感じた次第です。

もうひとつ引用させていただきます。

(以下引用)
野球に関してアメリカの作家であるジョン・グリシャムが述べているもので好きな言葉があるのでご紹介します。

「子供の頃、私たちは毎日野球をしたし、そうすべきだと思われていた。野球を通じて、私たちは泣いたり笑ったりし、勝ったり敗れたりした。悲しむこともあったし、勝者の気分を味合わせてもくれた。そして、野球を通じて、みんなが一つになった。野球とは、そんな素晴らしい日々の人生そのものだった。」

野球ってやっぱり素敵なスポーツなんですよね。
私は野球を好きでいられることに改めて幸せを感じます。
週明けだけど、今日もいい1日でした。
23:41 | プロ野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。