ドメイン
沸騰甲子園 !! 2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

センバツレポート~準々決勝vol.2~

私のなかでは、あったら面白いなあと思える結果となりました。

【センバツ・第10日】
●準々決勝
花巻東5-3南陽工
利府5-4早稲田実

●寸評
第1試合はPL学園を破り、今大会勢いのある山口の南陽工に対して注目の左腕、菊池投手を擁する花巻東。エース菊池君を先発回避して猿川君を先発にして5回までをしっかりと試合を作りましたね。6回から菊池君が登板となり、試合の流れを引き寄せ、逆転勝ちとなりましたが、この後の準決勝、決勝を見据えて、少しでもエース菊池君の負担を減らす起用法に出ましたが、結果的には良かったのかもしれませんね。

第2試合、21世紀枠出場の宮城の利府が伝統校早稲田実に中盤の集中打で逆転勝ちとなりました。
ブログ炎上どころか打線が炎上!?といったところでしょうか。

早稲田実は主力選手に新2年生が多いこともあり、若さが出た格好となりました。
特に期待のエース小野田君、1回戦の天理戦で気になったのは、リリースポイントのバラつきとランナーを出した時のピッチング、制球力不足でした。
ストレートの威力などは良いものがあるものの、角度のあるストレートというよりは高めに浮いてくるボールが多く、甘く真ん中に置きにくれば痛打されるという、今後に向けた課題がはっきりと見えました。
控えの鈴木君もいいものがあるだけに今後の伸びしろに期待したいと思います。

利府も投手は左のコンビ、エース塚本君と控えの高橋君といますが、準決勝、塚本君は大丈夫でしょうか。スタミナが心配です。高橋君の出番もありそうですね。
キーマンになってくるようにも思います。

●準決勝組み合わせ
報徳学園-清峰
花巻東-利府

この組み合わせにより東北勢の決勝進出は確定しました。
東北勢というより「みちのく対決」といった方がかっこいい響きでしょうか。
清峰の今村君、花巻東の菊池君と今大会、いまだに無失点の投手2人を擁するチームが勝ち上がってきたことに改めて「春は投手力」を感じます。
春のセンバツだからこそのフレッシュな学校の勝ち上がりには好感が持てます。
スポンサーサイト
22:48 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

センバツレポート ~準々決勝vol.1~

本日は代休のため、歯医者やら神保町の古本屋「BIBLIO」やら眼科やらと外出してきました。
合間を縫って準々決勝2試合観戦レポです!

【第9日目・準々決勝】
報徳学園6-5中京大中京
清峰8-2箕島

【寸評】
第1試合は土壇場9回表2死、4-5と報徳劣勢から逆転2点打でひっくり返しました。
中京大中京の好投手堂林君ですが、最後の最後で残念な結果となってしまいました。
今大会の優勝候補の一角がここで敗退、そして勝ち方を知る地元報徳学園が不気味な感じになってきました。

第2試合は18年ぶりの甲子園で2勝を上げて古豪への第一歩を歩み出した和歌山箕島と、3年前のセンバツ準優勝、長崎の清峰の公立校同士の対戦。
注目は今大会2試合連続完封中の清峰エース今村君。
今日も素晴らしいピッチング。かなり本気度も上がってきたピッチングでした。
ピンチになればなるほど、ピシャリと抑えられる抜群のコントロールで、今日は8回10奪三振で降板も今大会26イニング無失点でベスト4進出。
私が優勝候補筆頭に掲げる清峰ですが、近年で本当に強い学校になりましたね。
22:17 | 高校野球 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

センバツレポート ~第8日・2回戦~

昨日から久々に家族で日立に帰省中。下のチビは初めての日立と海にびっくりしておりました。
さて、センバツも2回戦最後の3試合です。

【第8日・2回戦】
花巻東4-0明豊
早稲田実9-2富山商
利府2x-1習志野

【寸評】
第1試合、今大会注目の左腕、花巻東のエース菊池君を初めて見ましたが、いやいやたしかに評判通り、いや評判以上の好左腕ですね。
しっかりと腕を振り切って、伸びのあるストレートが魅力的でした。
評価が高い選手というのはこういう投手のことを言うんだなあと改めて思いました。
この花巻東、佐々木監督の方針で野球部員は全員、岩手県内出身者だそうですね。地元選手のみのチームでもここまでやれることを実証してます。

第2試合、まずは富山商・沢田監督の采配にいつも疑問だらけの私ですが、今回も1回戦、興南戦で10回完封のエース村上勇投手を先発回避し、データがないだろうからと昨秋の公式戦で一度も登板していないという三鍋投手の先発、しかも本人には当日先発を伝えたという奇襲に出ましたが、負けてしまいました。当然でしょう。
あの監督はたしかに富山商の名将と言える方かもしれませんが、かつても「今大会は3勝を目指す」とか強気なコメントをされることが多いわりに、実際が伴わない結果が多く、個人的にはいろいろな意味で気になる監督です。今日も明らかに実力差もあったかもしれませんが、敗因の要因にもなったであろう監督の采配には疑問のみが残りました。

第3試合は伝統校習志野に対して、21世紀枠での出場ながら、初戦掛川西に大勝と実力は侮れない宮城の利府。
利府のサヨナラ勝ちという結果から、もしかすると、利府か花巻東の優勝…なんてことも頭をよぎりました。
23:08 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

センバツレポート~第7日~

本日、1泊2日で実家のある日立に帰省。
とはいっても実家は賃貸マンションのため、我が一家4人が泊まれるスペースなどなく、日立駅前のJALホテルが常宿。

今回は久々に電車で帰省しました。
運転しない分、気楽でしたが、次男坊がチョロチョロするので厄介でした。
そんな最中のセンバツレポートです。

【センバツ・第7日】
●2回戦
清峰(長崎)1-0福知山成美(京都)
箕島(和歌山)4-3開星(島根)(延長11回)
南陽工(山口)2-1PL学園(大阪)(延長10回)

●寸評
注目の好カード、清峰ー福知山成美は1-0という痺れるスコアで清峰・今村君に軍配。
復活出場を果たした箕島が島根の開星に延長で逆転勝ち。
PLのエース中野君は9回までノーヒットノーランも延長10回に初安打後、連打を浴び、逆転のPL勝利はならず、南陽工勝利とベスト8進出の3校でした。
22:31 | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

センバツレポート~第6日~

【センバツ・第6日】
●1回戦
利府(宮城)10-4掛川西(静岡)
●2回戦
中京大中京(愛知)6-5倉敷工(岡山)
報徳学園(兵庫)15-2今治西(愛媛)

●寸評
21世紀枠出場の利府が打線爆発で爆勝!でしたね。
掛川西は密かに応援していただけに残念・・・
この後、2回戦となりますが1回戦開幕試合で大熱戦を繰り広げた倉敷工が、優勝候補中京大中京にひるむことなく立ち向かった戦いぶりはTV観戦していてワクワクしました。
第3試合、今治西の惨敗は主力メンバーの体調不良など致し方ない要因が背景にあったとのこと。
残念ですが夏に向けて期待したいと思います。
22:26 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。