ドメイン
沸騰甲子園 !! 2010年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

08/30のツイートまとめ

minarin0816

代休の本日、次男坊と神保町は書泉グランデにやって来た。高校野球グラフ2010岩手、千葉、埼玉、鹿児島、2009岩手、鹿児島やら、いろいろ超大人買い。金は吹っ飛んだが大満足。
08-30 14:50

久々に森岡師匠のご自宅を訪問させていただいた。相変わらずの圧巻の書庫に私も大興奮。高校野球話に盛り上がり、すっかり長居させていただいてしまった。
08-30 02:21

スポンサーサイト
00:00 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

08/29のツイートまとめ

minarin0816

仕事に帰りに渋谷のAppleSHOPにてiPhone機種交換してもらった。不具合だらけだったし…それにしても不具合だらけで困っているAppleユーザー多数来店。どうなってんだろう、あの会社は。
08-29 01:07

00:00 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏の高校野球 ~深紅の大優勝旗が沖縄へ!~

【甲子園15日】
●決勝
興南(沖縄)13-1東海大相模(神奈川)

第92回全国高等学校野球選手権大会が閉幕した。
深紅の大優勝旗がついに九州の海を越え、沖縄の地に届いたことになる。
長年の沖縄県民の悲願を達成した。
1991年、92年と沖縄水産を2年連続準優勝にまで導いた沖縄高校野球躍進のパイオニア指導者である故・栽弘義監督も天国で微笑んでいることだろう。
と同時に史上6校目となる春夏連覇という偉業を果たした。

決勝戦を終え、閉会式でのメダル授与の場面。
最初に我如古主将がメダルを首にかけられた瞬間、彼は本当に優勝した実感を抱いたのであろう。
「フー」と大きく息を吐き、天を仰いだ場面を目にし、私も涙がこぼれた。
本当におめでとう!

優勝した興南は、私も甲子園での2回戦(興南8-2明徳義塾)を生観戦する機会に恵まれたが、実に大人びたチームであるという印象であった。
試合中、とくに守備の時、内野から外野への的確なポジション指示、エース島袋君とキャッチャー山川君の配球には工夫が見られた。
また、攻撃時における確実な進塁打は意味のある1アウトであることをも実証してくれていた。
今や主流のド派手な集中打などはなくとも、当たり前のことを確実に得点に結び付ける攻撃力は特筆すべき点であり、ふと気が付くと思った以上に得点を重ねている。
それが今大会での興南の戦いぶりのひとつでもあった。

とはいえ、結局は打線活発で大量得点での勝利が多かったのも事実ではあるのだが、それらは緻密な攻撃力の積み上げによる結果であったということを実証していたように思う。
投手力の前評判だけがひとり歩きしていた今春のセンバツから攻撃力が大幅にアップしたからこその春夏連覇であった。

チームを束ねる就任4年目の興南OBの我喜屋監督。
「野球をする以前の問題だらけだった」、「ゴキブリの大運動会のような野球部寮」といった低迷校にありがちな野球部を生活環境の改善から取り組んだという。
「最初は小さなことからコツコツと始めていった」という指導は他校へのヒントもたくさん隠されていると思う。

そして興南だけの躍進だけではなく、沖縄県内の他校の指導者の方々との積極的なコミュニケーションも図り、近年の沖縄全体のレベルアップにも繋げていった。
熱烈な野球ファンの多い沖縄という土地柄と、沖縄県民の沖縄代表校への積年の思いが生んだ相乗効果も見逃すことはできない。

一方、40年ぶりの全国制覇を果たすことができず、準優勝に終わった東海大相模。
33年間、幾度となく勝ち取ることができなかった優勝の二文字、ようやく実現し待ち望んで出場を果たした今夏の甲子園での戦いぶりは雄々しかった。
今春のセンバツでのリベンジも十分に果たした。
関東対決となった初戦での水城(茨城)戦での勝利から、とにかく豪快に相模野球を開花させた。

「神奈川を制するは全国を制する」というキャッチフレーズ。
そのフレーズの中心校にいた東海大相模がこの夏、甲子園で復活を果たしたことは優勝に匹敵するだけの価値がある準優勝であった。

今年も感動の夏をありがとう。

すでに全国すべての新チームの球児たちは、来春のセンバツ、来夏の甲子園という同じ目標に向けて練習に励んでいる。
「高校野球は甲子園がすべてかもしれないけれど、地区予選で敗退する学校にもそれぞれの甲子園がある」
私は甲子園が好きだが、地区予選はもっと好き。そんな高校野球ファンだ。
心はすでに秋に向かっている。

2005年8月20日、駒大苫小牧(南北海道)が京都外大西(京都)を破り夏2連覇という偉業を果たした日がスタートとなった当ブログも6シーズン目に突入した。
今後も少しずつ連載を続けながら、自分自身の夢の実現に繋げていきたい。
新たな決意表明を持って今回は締めくくりたい。
07:26 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

08/24のツイートまとめ

minarin0816

「甲子園だけが高校野球じゃない」(監修:岩崎夏海)読了。タイトルそのものに共感。実話とのことだが素直に感動できた。ドキュメントを求める私としては、もう一歩踏み込んだ内容を求めてしまう。
08-24 18:21

00:00 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

08/22のツイートまとめ

minarin0816

興南13-1東海大相模。興南が沖縄悲願の夏初優勝ならびに春夏連覇、おめでとう!相模も強かった。ただそれ以上に興南が強い。ただそれだけだった。感動で涙がこぼれた。
08-22 02:52

00:00 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。