ドメイン
沸騰甲子園 !! 2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

終了!9月次プランの成果と反省

東京戻ってきて半年が終わった。

ひたちなかへの高校野球観戦親子旅時に3月いっぱいまでの勤務先である国営ひたち海浜公園の公園管理センターを訪ねた。
今は運営事業体が代わってしまったが、スタッフたちは元気に働いていて懐かしい気持ちになった。

さて9月次プランは以下の通りであった。

【2013年9月次プラン】

■プライベート
・生活パターンを決める。

■仕事
・合理的に生きる。
・難しく考えない。
・問題は小分けにして自分が判断できるサイズにして取り組む。

■野球
・月末の高校野球観戦男旅 山陰編決行。

・プライベートの生活パターンを決めるについて
自分の生活リズムを確立し、とくに平日はパターン化した生活をしたいと思っての目標ではあったが、なかなか思うように取り組むというか、意識出来なかった。

仕事においては、ヤマでもあった9月中旬のイベント案件2つをなんとか無事に終えることが出来たことで、精神的なプレッシャーをひとつ乗り越えられたような気がしている。

・月末の高校野球観戦男旅 山陰編決行。

こちらは残念ながら母校日立一の県大会出場が決まったことで、茨城への遠征に切り替わったため、来春以降に持ち越しだな。

9月は試合途中観戦も含めると計3試合観戦実現したことになる。

【秋季高校野球観戦親子旅】
下館一2-0土浦一
水戸商3-2日立一
常総学院5x-4科技日立

9月は8月の8試合より5試合減って3試合観戦。
4月以降の累計は23試合。
スポンサーサイト
23:45 | 目標と反省 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レポート!2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会2回戦

だいぶ日にちが経ってからのアップデートでごめんなさい。

長男と次男を連れて茨城までやって来た高校野球観戦親子旅の2日目。
長男の「どうしても常総の試合が観たい」という希望を果たすべくひたちなか市民球場へ。

【2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会 ひたちなか市民】
■第3日[9/29(日)]
*2回戦
常総学院5x-4科技日立

■みなりん寸評


本日のカード

夏の茨城代表校で今大会は地区予選免除の第1シード常総学院にとっては新チーム初の公式戦を観戦する機会に恵まれた。

先発した常総学院右サイドハンドのエース秋葉君は球威こそないが、丁寧にコーナーに投げ分けるピッチング。自分の立ち位置をわかっているようにも見える。
打線も初回から単打で繋ぎ2点先制、4回も初回同様、単打で繋ぎ2点追加で4-0と試合を優位に進める。

対する科技日立は初回からランナーを出すも、足を絡めるわけでも、犠打を絡めるわけでもなく拙攻続き。6回まで併殺打が4つと実にもったいない試合運び。
はっきり言って強豪校に挑む試合運びではない。
7回にようやく盗塁を仕掛けるもタッチアウト。
チームとしてのまとまりがある科技日立だけに本当にもったいない。

常総はエース秋葉君がら4回投げ切ったところで降板。
5回からは控え投手陣の右オーバーハンドの赤司君、左スリークォーター菅野君、右オーバーハンド坂本君と小刻みな継投で戦力を確認しているように見受けられた。
つまりはそれだけ戦力が充実していることの証明。
公立校などからしてみれば羨ましい限りといえるだろう。

8回表に粘りが伝統で終盤に試合を面白くする科技日立のお得意芸がようやく発揮された。連打でチャンス拡大し、常総の坂本君、そしてファーストを守る左の石井君まで登板させ、一気に4得点で追いつき試合を振り出しに。
が、ここでも犠打など絡めることなく、ヒッティング一本やりの試合運びには違和感が残った。

9回表の常総のマウンドには6番手で右サイドハンド高畑君が登板。球威もあり、科技日立打線を三者凡退で封じ、9回ウラのサヨナラ勝ち。

科技日立エース右腕の山名君は気迫十分のピッチングで9回まで粘投披露するも、最後は力尽きた。
キレのあるストレートは魅力的だが、変化球とのコンビネーションで試合を組み立てるピッチングが出来るようになると、来春以降、楽しみなピッチャーになると思えた。

苦しみながら初戦突破した常総はあえて調整含みの試合展開を試しているようだった。
試合序盤から科技日立の攻撃に工夫が見えるとまた違った試合展開になったようにも思えた。
この点は残念であった。


試合終了の両校挨拶


球場外に掲示されている試合速報
23:50 | 試合観戦男旅 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レポート!2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会1回戦

長男と次男を連れていざ茨城へ!
高校野球観戦親子旅!!

【2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会 ひたちなか市民】
■第2日[9/28(土)]
*1回戦
水戸商3-2日立一

■みなりん寸評


本日のカード

母校新チームの実力は旧チームと比較してかなり厳しいものがあると見ていた。
私も初めて観戦に出向いたが、シートノックを見た限り、水商との差は歴然としていた。

初回ウラに先制された時にははっきり言ってコールド負けの覚悟さえした。

しかし、ランナーを出しつつも試合を作る2年生エース右腕の清水君。久しぶりに見た彼のマウンドさばきはエースのオーラが出ていた。

そして外野には飛ばないヒットでランナーを出せば足を絡めて水商を揺さぶる日立一伝統の機動力野球で徐々にグラウンドを支配し出していく。
まさに足にスランプ無しである。

6回表に私の高校時代の同級生の息子5番キャッチャー渡邉君がなんと同点ツーベースを放ち試合を振り出しに戻した。
私も大喜び。
これだから高校野球はわからないのだ。

結果的には8回ウラ先頭打者へのスリーベースヒットとワイルドピッチで勝ち越された1点が決勝点となり、残念ながらベスト16進出はならなかったが、今のチーム力を考えれば県大会3回戦レベルで戦えるだけの及第点はあげてもよいと思えた。

試合終了後に、チームのみんなの前で話す機会もいただいたが、彼らの私を見る「眼力の凄み」に、彼らは勝つことに飢えている、伸びしろがあると確信できた。


中山監督の話を真剣に聞く日立一野球部員たち

そろそろ晩秋に向けて、チームの組織論、それぞれの役割について開催する一高一会セミナーの準備に取り掛かりたいと思う。

ともに頑張ろう!


これがもっと盛り上がれるとさらにベンチワークが良くなる
20:22 | 試合観戦男旅 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

明日!秋季高校野球茨城県大会

すっかり更新が滞ってしまい、毎日平均10程度のアクセス数のさらなる激減が懸念される我がブログ「沸騰甲子園‼」

そんなことはどうでもよいが、やっと今月の売上やらが確定できつつあり、少し安堵。

そして明日は我が母校日立一の秋季茨城県大会の初陣である。

【秋季高校野球 茨城県大会1回戦】水戸商ー日立一。9/27ひたちなか市民球場13:10プレイボール。相手に不足なし!伝統校水商。過去夏の茨城大会決勝で2度対戦しいずれも敗退。私も長男次男連れて応援に。頑張れ母校! #kokoyakyu #ibaraki #hitachiichi

私は長男と次男を連れて「高校野球観戦親子男旅」
電車に乗りいざ、ひたちなかへ!
勝つと翌日が2回戦なのでお泊まり。
用意周到である。

ひ、ひ、ひたちなか??

そうだよ、ひたちなか。
3月までの勤務先であるひたち海浜公園へも遊びに行くこととする。

とにかく頑張れ母校!
19:30 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

秋晴れ!日立一県大会出場

すっかり秋晴れだ。
ゆうべで私もようやく仕事がひと山越えて、この数ヶ月ずーっとモヤモヤしていた気分が今日の空のように少しすっきりしている。

Twitterでもお伝えしたが、昨日行われた秋季高校野球の茨城県北地区代表決定戦では母校日立一が7回まで0-5、9回表終了時も2-6と完璧に敗色濃厚だった試合を土壇場の9回ウラに5点取って逆転サヨナラ勝ちで県大会出場を決めた。

【秋季高校野球 茨城県北地区代表決定戦】日立一7x-6日立北。9回ウラ2-6の敗色濃厚から単打で繋いで繋いで5点取り大逆転勝利!県北ジュニア戦決勝のリベンジを果たせた。おめでとう母校、県大会も頑張れ母校! #kokoyakyu #ibaraki #hitachiichi

母校の新チームは投手陣の整備が課題で、オープン戦でも大きく負け越している。
昨秋、今夏と茨城ベスト8という結果を残したチーム力と比較すると明らかに落ちてしまうと言っても過言ではない。

ただ、彼らの昨日の試合では最後の最後でひとつになれた。
選手ひとりひとりの「勝ちたい」という思いや執念はチーム全体に浸透しないことには当然チーム力が高まるはずもなく、時には選手個々の空回りとなってしまうだけのことはよくある。
高校野球はそのへんがすごく難しいうえにわかりやすくもある。
だから予期せぬ結末を迎えることがよくあるのだ。

今秋の関東大会は茨城開催ということで上位3校が出場できる。
はっきり言って今大会、県北地区から県大会出場の7校のなかでも母校の実力は一番下ではないかなと思う。
でも旧チームが勝つことを身近に見てきた新チームだからこそ、学び得た財産も多いはずだし、今は勝つことが一番の良薬のようにも思う。

高望みでもなんでもなく、「関東大会出場」を目指して9/27から始まる県大会でもひたむきにプレイして欲しい。
ひとまずはおめでとう。
09:30 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。