ドメイン
沸騰甲子園 !! 2014年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

円山!春季北海道大会ベスト4出揃う

北の大地は札幌円山球場にて開催されている春季高校野球北海道大会はベスト4が出揃った。

【春季高校野球 北海道大会】
*準決勝(5/31)
白樺学園(十勝支部)-東海大四(札幌支部)
北見北斗(北見支部)-北照(小樽支部)

■みなりんの展望
熱戦が繰り広げられている今年の春季北海道大会のベスト4が出揃った。
4校の顔ぶれは十勝支部の白樺学園と札幌支部から東海大四。両校ともに昨秋に続いての4強入りということで力のあることを証明している。
一方は北見支部から北見北斗。
こちらは実に35年ぶりかつ、公立校唯一の4強入りながら力のあるチームとのこと。
対するは昨秋、帯広三条に初戦敗退を喫した小樽支部の雄、北照。やはり力ある試合運びでここまで勝ち上がってきた。
南北海道勢と北北海道勢が2校ずつ勝ち残っており、準決勝の2試合も南北対決ということで来月から開幕する夏の支部予選を占う最後の大舞台となる。

■みなりんコラム
春の北海道大会は札幌支部を除き、各支部の優勝チーム1校とセンバツ出場校といった出場校で争われる。
ご存知の通り、北海道は面積が広く、同じ道内といえども、他県に遠征するぐらいの大移動を強いられながら、道産子球児の聖地札幌円山球場にやってくる。
各支部の代表校は移動してくる距離の分だけ、支部優勝校という誇りを背負って全道大会にやってくるといったら大げさか。

私が北海道の高校野球に魅了される理由はこの「支部予選」という存在があるがゆえにといっても過言ではない。
全道大会出場を目標に、支部予選を勝ち上がること、そのために日々の練習に励み、支部予選を突破することは、道産子球児たちにとって大変名誉なことであり、甲子園出場以上に価値のあるものとも私は思っている。
全道大会開会式にて校名と支部名の明記されたプラカードを持ち入場行進する道産子球児たちの姿を見ると感動するものだ。

準決勝、決勝と今年の春の北海道大会もいよいよ大詰めであるが、夏に向けての調整とかそんなことではなく全力を尽くして戦ってもらいたい。

 
スポンサーサイト
23:16 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

決定!第67回珂北大会組み合わせ【茨城】

大変ご無沙汰です!
3月末以来の更新になるから実質2ヶ月ぶりである。

ブログの継続については正直、まだ頭の中で迷走している。
ただ、ブログを更新しない状況が自分にとってプラスの日々であったかと自問自答すると、決してそんなことはなく、心が満たされない消化不良のような状況が続いていた。
とはいえ、やみくもに更新が途切れないように記事をアップしていくことが本心かと言うと、それも決して本意ではなく、やはり自分が好きなアマチュア野球、とくに高校野球の情報を自分目線で書き続けたいと思っているのが正直なところだ。

いずれにしても現状のスタイルがベストとは思っていないのだが、試行錯誤しながら、またブログの存在を大切にしながら、私なりの情報をアウトプットする場なしていきたい。

前置きが長くなったが、今回は6/1から開幕となる第67回珂北大会の組み合わせをアップしたい。
茨城県の那珂川以北に位置する茨城県北地区21校の参加で開催される当大会は優勝までに4回ないし5回勝たないといけない、夏の大会直前では最後の準公式戦である。

この大会、昨年は母校日立一高が20年ぶり19回目の優勝を成し遂げ、今年は大会2連覇に挑戦する。
昨年は母校が優勝を本気で狙い、優勝し夏の茨城大会11年ぶりのベスト8進出の勢いをつけるきっかけにもなった大会でもある。
また、今年の夏の茨城県北地区勢の躍進を占うこともできる大会である。
今年はどこが頂点となるか、楽しみだ。

珂北組み合わせ

※組み合わせ表は当ブログにて長年リンクを貼らせていただいている「白堊の球児 日立一高野球部」サイトより使用させていただきます。


18:15 | 高校野球 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。