ドメイン
沸騰甲子園 !! レポート!2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会2回戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

レポート!2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会2回戦

だいぶ日にちが経ってからのアップデートでごめんなさい。

長男と次男を連れて茨城までやって来た高校野球観戦親子旅の2日目。
長男の「どうしても常総の試合が観たい」という希望を果たすべくひたちなか市民球場へ。

【2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会 ひたちなか市民】
■第3日[9/29(日)]
*2回戦
常総学院5x-4科技日立

■みなりん寸評


本日のカード

夏の茨城代表校で今大会は地区予選免除の第1シード常総学院にとっては新チーム初の公式戦を観戦する機会に恵まれた。

先発した常総学院右サイドハンドのエース秋葉君は球威こそないが、丁寧にコーナーに投げ分けるピッチング。自分の立ち位置をわかっているようにも見える。
打線も初回から単打で繋ぎ2点先制、4回も初回同様、単打で繋ぎ2点追加で4-0と試合を優位に進める。

対する科技日立は初回からランナーを出すも、足を絡めるわけでも、犠打を絡めるわけでもなく拙攻続き。6回まで併殺打が4つと実にもったいない試合運び。
はっきり言って強豪校に挑む試合運びではない。
7回にようやく盗塁を仕掛けるもタッチアウト。
チームとしてのまとまりがある科技日立だけに本当にもったいない。

常総はエース秋葉君がら4回投げ切ったところで降板。
5回からは控え投手陣の右オーバーハンドの赤司君、左スリークォーター菅野君、右オーバーハンド坂本君と小刻みな継投で戦力を確認しているように見受けられた。
つまりはそれだけ戦力が充実していることの証明。
公立校などからしてみれば羨ましい限りといえるだろう。

8回表に粘りが伝統で終盤に試合を面白くする科技日立のお得意芸がようやく発揮された。連打でチャンス拡大し、常総の坂本君、そしてファーストを守る左の石井君まで登板させ、一気に4得点で追いつき試合を振り出しに。
が、ここでも犠打など絡めることなく、ヒッティング一本やりの試合運びには違和感が残った。

9回表の常総のマウンドには6番手で右サイドハンド高畑君が登板。球威もあり、科技日立打線を三者凡退で封じ、9回ウラのサヨナラ勝ち。

科技日立エース右腕の山名君は気迫十分のピッチングで9回まで粘投披露するも、最後は力尽きた。
キレのあるストレートは魅力的だが、変化球とのコンビネーションで試合を組み立てるピッチングが出来るようになると、来春以降、楽しみなピッチャーになると思えた。

苦しみながら初戦突破した常総はあえて調整含みの試合展開を試しているようだった。
試合序盤から科技日立の攻撃に工夫が見えるとまた違った試合展開になったようにも思えた。
この点は残念であった。


試合終了の両校挨拶


球場外に掲示されている試合速報
関連記事
23:50 | 試合観戦男旅 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
終了!9月次プランの成果と反省 | top | レポート!2013秋季高校野球観戦親子旅 茨城大会1回戦

comments

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://minarin.blog19.fc2.com/tb.php/1612-d94043c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。