ドメイン
沸騰甲子園 !! 日本代表 北京五輪出場決定!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

日本代表 北京五輪出場決定!

少々遅ればせながらですが、おめでとう!日本代表!!

日本10-2台湾

結果スコアだけ見ると快勝!ですが、終盤までは日本の攻撃が得点に絡めず、モタモタとした展開でした。
台湾の逆転2ランで目が覚めたというのでしょうか、7回表の日本の怒涛の攻撃で、ようやく勝利を確信できました。


韓国戦後の私の憤りブログ
を読んでいたのでしょうか・・・

憤りの対象であった3選手、西岡(マリーンズ)、青木(スワローズ)、新井(タイガース)が予想以上に奮起してくれました。

7回表に西岡(マリーンズ)がヒットを放った1塁上で見せたガッツポーズに、意外にも彼に対して抱いていたこれまでのイメージが少し変わりました。
これまではなんだかクールで、すかした感じが妙に鼻についたりもしていたのですが、日の丸を背負った代表選手としての気合いとプライドを感じたものです。

「涌井、お前は切り込み隊長。
成瀬は2戦目。
ダルビッシュはオレを胴上げする試合や。」


今大会の3連戦を前に先発投手に指名した涌井(ライオンズ)、成瀬(マリーンズ)、ダルビッシュ(ファイターズ)を呼んで、声をかけた星野監督の言葉も、日本代表としての試合にふさわしい、そして心憎い演出に感じました。
将来の球界を背負う男に育ってほしいという思い、そしてこの3人が球界のエースとして先発投手としてゲームをしっかりと作ったからこその3連勝であったとつくづく思う次第です。

代表選手はそれぞれがプライドを持ちつつも、国民からの期待に対するプレッシャーなども相当あったかと思います。
「スモールベースボール」として良い意味でも悪い意味でも形容される日本野球。
かつて、ラグビーの日本代表監督を務めた平尾誠二氏(神戸製鋼)は、W杯での日本ラグビーの勝機、可能性に、日本が世界に誇れる技術として、「伝統工芸」を例にして話してくれたことを思い返しました。

野球に当てはめれば、大技だけでなく小技も絡めた総合力、
攻撃だと長打だけでなく短打、タイムリーだけでなくスクイズ、
ディフェンスであれば、ストレートだけでなく切れのある変化球との組み合わせなど、
パワーだけでないきめ細かな野球ができるのが日本の強みです。

そのきめ細かさで見ると、今アジア地区予選では他国は日本のようなきめ細かさが足りなかった。
この日本が世界に誇れる伝統工芸的スモールベースボール。
WBCの制覇に続き、北京オリンピックで、「優勝」という大きな花を咲かせてくれること、
これが球界の新たな幕開けとなることを私は信じているのです。
関連記事
23:58 | プロ野球 | comments (2) | trackbacks (1) | edit | page top↑
さらばジョニー黒木 | top | 日本代表、韓国に勝利!

comments

# 日本代表活躍の裏で…
北京五輪ではGより小笠原や
高橋は選出されるんですかね?
星野監督の手腕が問われる
ところですねhttp://blog19.fc2.com/image/icon/e/2.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">

それはそうと、一次予選で
タイ代表のエース白倉キッサダー
(上田西出)がフィリピン戦で
好投しましたねhttp://blog19.fc2.com/image/icon/e/734.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
亜大で活躍していることは
何となく知っていましたが
これほどまでに頑張って
くれるとは…
うれしい限りですhttp://blog19.fc2.com/image/icon/e/786.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
彼の高校時代はあと一歩の
ところで甲子園出場を逃して
いましたからねhttp://blog19.fc2.com/image/icon/e/2.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
by: 校名変更バカ | 2007/12/07 21:57 | URL [編集] | page top↑
# 白倉キッサダー
校名変更バカさんへ

コメントありがとうございます。
ご返信遅くなりまして失礼しました。

亜大の白倉キッサダー君、たしか彼は御代田町の出身で、実家がスーパー経営ではなかったかと・・・
上田西は毎年、好投手が出てくるチームですよね。
そのわりに、あと1歩のカベが打ち破れない・・・

そろそろ長野の新たなチームとして全国デビューしてもおかしくない学校ですよね。

by: みなりん | 2007/12/11 20:42 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://minarin.blog19.fc2.com/tb.php/277-05f1bcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 先発のダルビッシュが6回裏陳金鋒(よ・読みが・・・w)に逆転2ラン打たれた時にはどうなる事かと思ったが。 直後の7回表、無死満塁から執念とも言えるスクイズで同点とした後猛打爆発。 宮本慎也選手の好走塁が生んだと言っても過言では無いニィ^^。 <アジア野球
2007/12/08 (Sat) 07:39 | <徳島早苗の間>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。